美容院が苦手というわけじゃないけど緊張してしまう私って少数派?

私は美容院が、そこまで苦手というほどではないけれど、実は行くたびにちょっと緊張して身構えてしまうタイプの人間です。決してコミュ障というほどではありませんよ。いつでも施術を受けながら普通に無難に会話をこなして、満足して帰ってきます。

でも心の中で、妙に細かいことに気を使って、気疲れしてしまうのです。まず美容院に行く時は、出来る限りおしゃれをしてヘアセットが完璧に決まってからじゃないと心配になります。

なんでかと言うと、どうせ美容院ですぐ切ってしまうからといって適当で無造作なヘアスタイルで行くと、ヘアセットに対していい加減な気持ちで望んでいると思われて、美容師さんに対して失礼じゃないかという気持ちになるからです。

もちろん普段からヘアスタイルに無頓着でおしゃれじゃない人だと思われたら、美容師さんの施術も適当になるんじゃないかという心配もあります。そんなわけで美容院に到着する前にまず、美容院に行くのにふさわしい身だしなみを整えるのにまず身構えてしまうのです。

美容院に着いてからも美容師さんとの会話に気を使います。沈黙の時間が続くと私がその美容院に満足してないんじゃないか、美容師さんを心配させるんじゃないかと内心ドキドキしています。話しかけられた会話をできるだけ膨らませようと、なぜか髪を切られながら客である自分が話題を考えているのはなんだか変ですね。

とくに、その美容院に初めて行った時の会話内容は、美容師さんのカルテにメモされているのか、その後も毎回同じ話題を振られがちです。最初に美容院に行った時にたまたま映画の話で盛り上がったら、その美容院の中で私は映画好きキャラクターとして定着してしまうんです。

「最近どんな映画見ましたか?」とか「私この映画見たんですよ。知ってますか〇〇監督の…。」と自分の知らない映画の話をされて、大して興味もないのに食いついたふりをするのは微妙に疲れます。そして施術が終わった後の総仕上げも微妙です。

後ろから鏡を見せられて美容師さんに「どうですか?」と聞かれた時の反応も、実際心の中ではまあこんなもんか普通だな特に不満もないけど大満足でもない、と思っていたとしても、「おお!」と驚いて見せたり、「あーさっぱりしました。」「軽くなった。」と、若干大げさに施術に感激したふりをしている自分がいます。

まあそんなわけで私は、些細な動作にいちいち気を使ってしまう性格なので、美容院に行くのは若干緊張します。まあ別に嫌いというわけではないんですけどね。